不調時に食欲がなくなるのは

体調不良のときに食欲がなくなることってありますよね。
アレって実は体が食事を必要としていないというサインなのです。

 

調子が悪いとき、体はその体調不良の原因を解消しようと働くようになります。
つまり代謝を活発に行うわけですが、そのときに必要なのが酵素なのです。

 

でも、そんなときに消化が必要なものを食べてしまうと
体内の酵素が消化に使われてしまい、代謝にまわす分が減ってしまうのです。

 

なので、体調が悪くて食欲がないときは無理して食べる必要はないどころか、
食べることが体の回復を邪魔することになってしまうのです。

 

「食欲がなくても無理して食べないとダメだよ」なんて言われますが、
アレは実は間違えだったのですね。

 

もちろん、体調が悪いときは何も食べてはいけないわけではありません。
要するに消化に体内の酵素を使わないようにすればいいのですから、
酵素を含んだ食物で、消化の負担が少ないものであれば構いません。

 

つまりは生の野菜や果物がそれにあたります。
酵素はもちろんのこと、ビタミンやファイトケミカルを豊富に含んだものを食べて、
体の回復を応援するようにしましょう。
(もちろん酵素ドリンクも飲むといいですね)

 

水分を多めに摂ることも重要です。
新たな水分を補給することで、おしっことともに老廃物が体外に排出され、
体の中が綺麗になっていくので体が元気になります。

 

私も以前はカゼをひいたときに無理して食べていたのですが、
これを知ってから、カゼをひいたときなどは重い食事は控えて、
果物や野菜を中心に食べ、さらにサプリメントを摂ったうえで、
日中は水もたくさん飲むようにしています。
当然、トイレの回数はかなり増えますが、回復までの時間が全然違いますよ。